対象になる従業員の規模で人材管理システムの機能を決定する

部門や営業所が少ないところ

会社の中には一つの事業所しかなく職種も少ないところがあります。事業所の数や職種が少ないとしても従業員が一定人数いるのであれば人材を管理するためのシステムを利用するのが良くそれによっていろいろな業務を効率化できるでしょう。部門が少ない会社では職種も少なく細かい職能の管理はあまり必要ないかも知れません。営業所が少なければその分異動も発生しにくいので異動の時に必要な情報を管理する必要もないでしょう。人事管理システムを導入する上では最小限の人事情報を管理できるようにし、給料の計算や勤怠管理など事務的な手続きに使えるようにしておきましょう。人事に関する重要な情報を管理しないのであればセキュリティをそれほど高くする必要もなさそうです。

部門が職種が多い会社での導入

大企業と言われるところでは全国や世界に事業所がありさらには多くの職種の従業員が働いています。それぞれの職場において必要な人材が配置されているのでしょうが、経営環境が変われば必要な人材の質も変わりそれに応じた人事異動も必要になります。適材適所の人材配分を行うのであればそのための人材管理システムを導入しなければならず、導入前にはしっかり必要な機能を決定しなければいけません。部門や職種が多ければ各従業員における職能も異なりそれらを管理していく必要があるでしょう。さらに異動に関する情報等も必要で機密事項も多くなるかもしれません。社外だけでなく社内においても情報が漏れないよう強固のセキュリティを備える必要があるでしょう。